【シマリス・半次郎】その名前の由来とは?蘇る記憶シリーズ1

シマリス、半次郎 シマリス・半次郎の生活
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。

シマリス2匹と暮らす「はこじろう」です^^

今日は我が家の【シマリス・半次郎】が何故「半次郎」と言う名前になったのかをお話ししたいと思います♪

スポンサーリンク

古着屋

まぁ、とは言ってもそんなに大した話でもないのですが、時は遡ること15年も前の話

当時高校生だった僕は、渋谷・原宿にある古着屋さんによく通っていました。

「えっ。。なぜ古着屋?シマリスはどこ行った?」

という疑問も生まれるとは思いますが、後ほど全貌をお話しますのでしばしお付き合い下さいませ♪

当時のファッション雑誌なんかをペラペラ覗くと、必ずと言ってもいいぐらいそのお店は載っていて、若者を中心に賑わう人気店でした。

その勢いはとどまることを知らず、全国へと展開。

東京近郊でも、渋谷・原宿に始まり、新宿、吉祥寺、下北沢、横浜などの主要な場所に点在。

バイトを頑張って、お金が貯まっては通ったりしていました。

原宿

僕がよく行っていたお店は原宿店

「ラフォーレ原宿」の反対側で、ラフォーレから見て道路を挟んだ向こう側の左斜め前のビルに入っていたお店。

確か、2Fと3Fの2フロアだったと思います。

原宿、東急、プラザ
原宿、東急、プラザ、ハンジロー

昔はGAPでしたが、今は東急プラザの通り沿いにあるこちらのビルに入っていました。

ディスプレイ

ここの店内が物凄くおしゃれ。

置いている洋服もいいのですが、店内のディスプレイ・雰囲気が凄く好きでした。

当時のガラケーが残っていれば写真を載せたいぐらいなんですが。。笑

そして。

この場所で、今日に繋がる出会いを経験します。

シマリス

このお店。

よ〜く見てみると、壁の一部分に何やら金網が張ってあるのです。

その金網は所々にあり、その金網の向こう側には何かが存在する。。

気になりますよね?

「なんだ、これは?」

と、金網の向こう側を覗きこんでみたらそこにいたのは。。

【シマリス】だったのです♪

そうです。

これがシマリスとの初めての出会い^^

衝撃

本当に衝撃でした。

圧倒的なインパクト。。笑

壁の向こう側は狭いスペースだったような記憶ですが、確かに金網の向こう側にいたのは【シマリス】でした。

古着屋さんなのに、なぜシマリス??

そんな記憶が今も鮮明に脳裏に焼き付いております。

そして、それが見事にお店の内装にマッチしていて、ごくごく自然な環境で育てられていました。

これには本当にビックリして、感動したのを今でも覚えています。

名前

そして。。

何を隠そう。。

このお店の名前が【ハンジロウ】なのです♪

知っている方はピンときていたかもしれませんね^^

もし、知っている方がいたら、「当時、シマリスがいてビックリしませんでしたか?」と直接お話してみたいです。。笑

当時は人気だったお店ですが、今はもう関東圏にあった【ハンジロウ】は全て無くなってしまいました。。

大阪や九州などに数店あるといった情報も聞きましたが。。

襲名

そして、この【ハンジロウ】でのシマリスとの出会いが全ての始まりでしたので、勝手にお名前を拝命させて頂きまして。

今日のうちの【半次郎】がおる訳でございます。

シマリス、半次郎

すると、皆様からは「半次郎!」と呼ばれたり、「ハンちゃん!!」と親しみを込めて呼んでいただいたりとなかなかに好評な模様^^

良かった良かった♪

まとめ

そんなこんなできっかけは15年前の古着屋【ハンジロウ】でのシマリスとの出会いが全てでした。

あそこでシマリスという存在が脳裏にインプットされていなければ、僕は今ここで半次郎と出会ってはいなかったでしょう^^

そういう意味では非常に感謝をしております!!

そして、今ここにいる半次郎がたくさんの人に愛され、僕と同じように半次郎がきっかけで「シマリスを飼う」という方が出てきてくれたらそれは凄く面白いなー。

なんて思ったりしますね^^

ちなみに以下では【そもそも何故シマリスを飼おうと思ったのか】についても書いていますので、よろしければ是非♪

ではでは。

おしまい。。

I Love Chipmunk…

シマリスについて自由に語ろう♪ I Love Chipmunk

タイトルとURLをコピーしました