【シマリスの家】手作りってどう?覚悟が必要な家作りを解説します。

シマリス、家、手作り、ハンドメイド リスの家を作ろう
この記事は約10分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは。

2匹のシマリスと暮らす「はこじろう」です^^

シマリスを飼育するとなると、当然ながら「お家」が必要ですよね?

一般的なケージ、あるいは小屋。

この「シマリスが暮らす小屋」を、僕は自作で作ってみました^^

今回作ったのは「半次郎くんの家」です♪

思えば1年以上前。。

「シマリスを飼ってみたい。。」

と、思い始め。。

「でも、シマリスって一体どんな動きするの?」

「そもそもシマリスの生態や習性がよくわからない。。」

というところからのスタートでした。。

そこで今日は、【シマリスの家をどのようにして作り上げたのか】というテーマで話させて頂きます♪

スポンサーリンク

覚悟

と、本編に入る前にですね。。

一つだけ言わせてください^^

このブログを見ていただいているという事は、あなたも「シマリスの家作り」に興味をお持ちですか?

「作ってみたいなー。」

「手作りでできるのかな?」

「どうやってやればいいんだろう。。」

というような疑問があるとしたら、小屋を完成させる前の僕と全く同じ心境です^^

僕も同じようにネットで検索をして、色々調べてみましたが全く出てこず。。

なので試行錯誤でシマリス小屋をつくりあげました♪

「その体験が少しでもお役に立てれば。。」

と思い、今このブログを書いています^^

ですが。。

最初にはっきり言わせていただきます。。

「スバリ!!」

「あまりおすすめはしません。。」

という事です。。笑

これから先を読んで頂ければわかると思いますが、それなりに大変です。。笑

もちろんサイズ感や環境にもよるので、一概には言えないですが。。

「DIYが得意!!」

という方ならそこまで問題はないと思います^^

でも実際にやってみると、「シマリスのために考えなければいけないこと」は多々あります。。

なのでそれなりに覚悟は必要ですね♪

それでも「やってみたい!」と思う方は、この先を読み進めてぜひ「オリジナルのりす小屋」を完成させてください^^

応援しています!!

では、書いていきますね♪

お勉強

まずは、シマリスの事を知らないと話になりません。

なので、早速お勉強♪

シマリスの事を調べ倒し、本を読みまくり、実際に見学に行き。。

「シマリスはどのように動くのか?」

「シマリスはどんな環境だとストレスなく暮らせるのか?」

という事をイメージしながら、彼らの習性を理解していく。

このような作業から始めました^^

外観

僕の場合は小屋を置く場所や、なんとなくのサイズ感は決めていました。

なので、その場所に合うオブジェ景観を考えたデザインにしたいと考えました^^

一般的に売っているような小屋やケージも決して悪くはないのですが、いかんせん置く場所が置く場所だっただけに、少々こだわりたかったのです。。

でも、そんな思い通りのケージ・小屋はペットショップやネットでも、もちろん売ってません。。

そりゃそうですよね。。

「じゃあ作ろう」

と思い立ったのが事の始まりでした♪

サイズ

思い立ったその足ぐらいの勢いで、近くのホームセンターへGO。

木材売り場を右往左往しながら、あらかじめある程度決めていたサイズ感を確認^^

  • 高さ
  • 横幅
  • 奥行き

をイメージしながら木材を選びます。

ちなみに、半次郎の小屋は、

  • 高さ:90cm
  • 横幅:120cm
  • 奥行き:30cm

となっています。

スペース上あまり奥行きが取れずこれでもかなり頑張ったのですが、その分横幅、そして高さに遊びを持たせてあります^^

まずは外枠。

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

これはサイズがもうすでに決まっているのでそこまで悩みはしないですね♪

ちなみに全て木材に塗装をしているのですが、塗料はこちらを使用しました^^

サイズが決まっていれば枠組みを作るのは簡単です。

フロントデザイン

問題はここからですね。。

枠組みを作ったら次は【フロント面】

パッと見た時の小屋全体のデザイン、イメージはここでかなり変わります^^

一番大事で、非常に重要な行程。

尚且つ、デザインだけではなく何よりも大切なのは「シマリスが暮らしやすい作り」にしてあげないといけません。

例えば、ただの板張りだと中が暗くなってしまって、シマリスも居心地が悪い。。

そして、見てるこちらも中が見えない。。

「どうしようか。。」

この部分はかなり考えました。。

そこで。。

シマリス,小屋,手作り

「全面金網仕様にすればよく見えるし、明るい♪」

「下の段と両サイドは丸く穴を開けて光が入るようによう!!」

と、決めました^^

地中

シマリスの一つの習性として「穴を掘って地中に潜る」というものがあります。

そこで、中の床板にも穴を開けて下にも行けるようにし、【小屋の中を2段に分ける】ことにします♪

シマリス,家,ケージ,手作り

下の段は【隠れられる場所】というイメージですね♪

下のスペースはお掃除が楽なように、フロントのドアを上下に開けられるように施工。

「地中のようなイメージ」で薄暗くなるようにし、そこに寝床となる小さな小屋を置いてみました^^

隠れられる場所を作ってあげたんです。

道具

前面にくる板は「ホールソー」というドリルを使い丸く穴を開けます。

そこに裏側から金網を貼るスタイルです^^

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

ちなみに僕の愛機は「BOSCH」のインパクト♪

ホールソーとは、上のインパクトに接続するドリルで丸く穴を開けるタイプのドリルの事^^

金網は以下のようなタイプです。

ホームセンターに行けば1メートル500円もしないぐらいで買えたと思います♪

金網は切り売りで買ってきた物を、穴のサイズに合わせてカットが必要。

なので、その場合は万能バサミを使うと綺麗に切れます♪

金網を張る時は「U字の又釘」という物を金槌で打ち込みます^^

それがこちら。

それと、大事なケアポイントが一つ♪

金網を切った面は尖っています。。

それだと

  • シマリスに刺さ
  • 引っかか

といったリスクがあるため、又釘を打ち付けた上から刺さらないようにレザーでカバーをしました♪

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

避けられるリスクは少しでも避けたいですからね^^

内装

シマリス、家、手作り、ハンドメイド

次に考えるのは【内装】です♪

ここは実際にシマリスがどういった動きをするのかという事がイメージできていなければ作れません。

リスの家

なので僕はまず、埼玉の「リスの家」にお邪魔しまして。

実際のシマリスを見て社会科見学をしてきました♪

埼玉、リスの家

関東圏にお住まいならここは本当にオススメ!!

ここはもの凄〜く勉強になりましたね^^

行ってよかったです!

そして無事に最強の社会科見学を済ませ。。

「自分がシマリスだったら」

という謎の目線で小屋の内装を作り始めます。。笑

機能性

シマリスはよく走り回る動物です♪

そのジャンプ力といったらかなりの物。。

自然界では常に天敵から狙われる動物なだけあって警戒心が強く、危機察知能力が高い。

なので、ちゃんと「隠れられる場所」も必要。

  • 餌を隠す場所
  • 安心して寝られる場所
  • トイレ

などなど。。

あらゆる事を考えながら、焦らずにゆっくりと作っていきました^^

太陽光

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

シマリスにとっては太陽光も重要です^^

当初の予定では、内装部分の中の奥側は全て板張りにする予定でした。

ただ、近所の獣医さんがナイスな助言を下さりまして。。

「太陽光や明るさは大事だよー!」

と教えてもらい予定変更。

小屋を置く場所の上部には光が入る窓があるので急遽、小屋の内装上部を金網にしまして。。

光を取り入れられるようにしました♪

これにより小屋の中が日中はかなり明るくなりましたね^^

完成

そうこうしてるうちに。。

「あーでもない。こうでもない。。」

と、失敗を繰り返す事約2ヶ月。

ようやく完成したのがこちらです♪

シマリス、小屋、手作り、ハンドメイド

ここまで来るのに本当に大変でした。。。

見たことも、やったこともないDIY技術ばかり。。

ホームセンターの人にやり方を教わったり、知り合いの職人さんに聞いたり、道具の使い方をネットで調べたり。。

何かに取り憑かれたように。。

ただひたすら作る日々でした。

こうやって試行錯誤を繰り返し、ようやく完成したのです♪

不安

でも、一番は。。

肝心の「シマリス・半次郎くん」が。。

「気に入ってくれるかな。。」

これだけが心配でしたね。。

それと「もう一つ心配」がありまして。。

それは、この小屋は「全て木材」で作っています。

なので。。

「木をかじる可能性があるな。。」

という事ですよね。

シマリスは齧歯類なので、歯が伸び続けます。

なので、歯が伸びすぎないように木をかじる習性があるのです^^

「オール木材の家」となるとどこを齧られるかわからない。。

という不安がありました。。

ですので、

  • 木の端っこ
  • 噛まれてはまずい場所

には金具を付けて対策をしました^^

ちなみに、下の木ですが。。

シマリス、齧る、歯

これは、ホールソーでくり抜いた時に取っておいた木です^^

それを小屋の中に入れて置いておいたところ、半次郎が齧りまくりました♪

現在

シマリス、半次郎

そして、今。

【半次郎の小屋】を製作して、半次郎が住み始めてから1年が経過しました^^

今となっては完全にホームとなっていて、特に何も問題なく暮らしています♪

  • ステップでの休憩
  • ハンモック
  • 寝袋
  • 下の段の活用
  • 隠れるスペース

全部が僕が思い描いたような生活をしてくれて、本当に半次郎くんには感謝ですね♪

気に入ってくれているのか、小屋から出てお外で遊んでいても自分から帰ってきます^^

ドアを開けてても中から出ようとしない時もあるので。。笑

以下の動画では、手作りの小屋で普段何気なく生活している「半次郎くんの姿」が見れます♪

【シマリスの日常】半次郎の日常を観察。/Observing chipmunk everyday…

まとめ

ザッと話すとこんな感じなのですが。。

何よりも半次郎がしっかり「我が家」として快適そうに暮らしてくれているのが本当に良かったです♪

今度は「半次郎が遊べるおもちゃ」や、楽しめる何かを作ってあげたいなと思いますね^^

その時は、またご報告させて頂きます!

まぁ、最初にも言ったように大変なのであまりオススメはしませんが。。笑

こうやって振り返って書いてみると、思うことがありました。

これを書いている今も、すぐそこで実際に半次郎が僕の作ったお家で楽しそうに暮らしてるんですよね♪

そんな姿を見ていると、

「あー。作って良かったな!」

とは思いますね^^

「またやれ!」

と言われたらかなり考えますけど。。笑

PS

ちなみに【半次郎くんが実際に住んでみたその後】についても書いていますので、お時間があればぜひご覧ください^^

ではでは。

おしまい。。

I Love Chipmunk…

リスの家を作ろう
スポンサーリンク
はこじろうをフォローする
スポンサーリンク
【SIMAP・シマリスの地図】

シマリスについて自由に語ろう♪ I Love Chipmunk

タイトルとURLをコピーしました